シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

毎日新聞社説 … 権力ゲームやギャンブルよりも、日常業務を

日本の政局 世界の物笑いになるな リンク:毎日jp(毎日新聞)(http://t.co/GvLQpQJ) 一般企業でも、こうしたドロドロした権力争いはあります。 しかし、リアルに「人命」のかかった状況でも、現場そっちのけで権力ゲームに走ってしまうのは、人間の権力欲がそのままでている感じがします。 それが人間の本質なのであれば、今、外から批判的な視線で見ている私も、同じ状況に置かれたら、知らず知らずそうなっている可能性があるという事。 自分を省みて、気をつけたいですね。 超エリート集団のはずの、政治家さんには、もはや多くは望みません。 せめて、誠実に、嘘をつかずに、最低限のハンドリングをして欲しい。 本当にただそれだけ。 そして、レベルが低いことを自覚して、細かいディテールを大事にして欲しい。 <1>  グレーで、後々どちらにも転べる言い回しを止めて、自分の意見をはっきり言う。 <2>  言った、言わないが発生するレベルの低い人たちが話すときは、文書化、録音する。 <3>  聞き手も、「阿吽の呼吸」を止めて、白黒をはっきりと確認し、受け取る。 社会人、数年目の人間でも思いつくレベルのことです。 少なくとも、嘘をつかずに仕事を全うして欲しい。 窮地に追いやられたとき、人はとんでもない、平常時には信じられない行動も平気で出来るようになります。 殺人犯の近所に聞き取りをすると、「良い人でした。そんな人には見えませんでした」と言うのと似ているでしょう。 平常時は、みんな良い人、立派な人です。 そう、平常時は。 真価が問われるのは、窮地の時。 今はまさにその時です。
広告を非表示にする