読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

「批判は受け止めなきゃいけない」って風潮は息苦しい

日記 メンタル

f:id:Jazzy-T:20140209150712j:plain

 

批判を受けた時、すぐにリアクションをしなければ「逃げた」と言われる。

 

すぐに返事をしなければ「都合の悪いことは避ける」と言われる。

 

「批判は受け止めなきゃいけない」という風潮は息苦しい。

 

批判されたとき。

 

まずは徹底的に逃げればいい。

 

それこそオフラインの世界まで。

 

会社であれば、すぐに会議室から出る。

 

その日は、その上司や同僚から距離を置く。

 

ネットであればPCやアプリを閉じる。

 

そして同じようにしばらくは距離を取る。

 

忘れようとしたって、批判された言葉なんて絶対に覚えてる。

 

強がっても心に深く刻まれてる。

 

だから一度距離を置いたとしても、必ず思い出せる。

 

「気にしてない」って言ってたはずなのに一語一句違わずに思い出せる。

 

でも距離を置いて冷静になった時なら、「それも一理あるかもな」って思える。

 

批判された瞬間、「成長」を求めてその批判に立ち向かったら・・・

 

感情的になって、相手との関係はこじれる。

 

自分への批判も受け止めることは出来ない。

 

他人も傷つけるけど、自分も傷つける。

 

批判に対する悲しみと、感情的になったことへの後悔で2倍苦しむ。

 

だから立ち向かわずに、まずは徹底的に逃げる。

 

冷静になって大らかな心になった時に、また見ればいいと思う。

広告を非表示にする