読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

ブラック企業に対するホリエモンの意見は正しい

ホリエモン「嫌だと思ったら辞めればいいのでは?辞めるの自由よん」Twitterブラック企業について白熱の論争  リンク:ガジェット通信(http://ow.ly/mjhTeブラック企業を叩きたくなる気持ち、分からないでもない。 でも人の会社にそこまでエネルギーを割けるのはとっても不思議に思う。『社会的に正しいかどうか』という各々の『正義』に関する議論は基本的に終わりがないし正解がない。。 誰しもブラック企業で働きたくはないと思う。でもこのホリエモンの主張は真っ当で嫌なら辞めればいいし、入社試験受けなきゃいいんだよ。 かく言う僕も、残業月に200時間、休みは月一日(それも友人の結婚式だと頼み込んで・・・)みたいな環境で働いた事があるから、その会社はいま思えばかなりのブラックだと思うよ。だって月に120時間の残業が『ブラックだ!』と叫ばれてるんだから、その80時間も上だったんだよね。まぁでもブラック企業ってその猛烈な仕事環境だけじゃなくて、パワハラやオーナーの姿勢含めた体質の事も言うわけだから、残業時間の単純な比較では言えないのかな。 その時代は僕はたまたまその環境を『嫌だ!』と思わなかったからいた。でも『嫌だ!』ともし思ってたら早々に辞めてるよね。仕事変わる時ってさ、『やりたいことが見つかった』と言えればカッコいいけど、大抵は今の環境への不満もあったりするもんだからさ。 ブラック企業がそんなに嫌なら辞めればいいし、受けなきゃいい。もっと言うとその会社が提供してるサービスを受けなきゃいい。(これは乱暴だけどね。)そうした外圧によって業績に影響がでれば、否が応でも体制を見直す必要がでてくるから。 ネット上で細々ともっともらしい正義を振りかざすよりもよっぽど厳しいと思うよ。 そのエネルギーをもっと別のことに使おう(・Д・)ノ ★★ポチッと頼んます(´ε` )★★ 人気ブログランキングへ
広告を非表示にする