シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

ロンドンオリンピック…無駄に生きずに、熱く死ぬ。

$そんなもん、過大評価ぐらいでちょうどいいのだ。 ロンドンオリンピックが終わった。 自分自身もたくさんの刺激を受けたし、日本選手の躍進は嬉しかった。そしてオリンピックのような大きな行事では普段はスポーツに興味のない人にも何かを与える。 なぜスポーツはこれ程までに人に感動を与えるのか。「北の国から」の脚本家である倉本聰さんが過去に言っていたセリフが興味深くて、ずっと心に残っている。 「芝居とスポーツが人に与える感動の大きさの違いをずっと追い求めてきた。  どうやら役者とスポーツ選手では汗をかく量が違うらしい。」 人に与える感動の大きさが汗をかく量に比例するという考え方は、なんとなく納得がいく。身近な例で考えてみても、ポッと出でうまくいった人よりも、ずっとそれについて試行錯誤を続けてきた人が結果を出した時の方が心が動かされる。 メダルや優勝がかかった重要な一戦を前にした心境を後日インタビューされた選手が、「今日これで死んでも良いつもりで試合に臨んだ」というセリフを聞くことがある。そしてスポーツ選手が集中しきった状態を「ゾーン」という。「ゾーン」に入ると観客の声や雑音が一切消え、自分と自分がこれから戦いに臨むフィールドしか目に入らなくなり、その一方で後方から自分を客観的に見ている幽体離脱してるかのような状態になるらしい。そして自分がその戦いに勝つことはもはや既成事実かのような状態で試合に挑む。社会人であれば毎日仕事があり、学生であれば毎日学校がある。今自分が戦ってるフィールドで毎日この「ゾーン」の状態を維持できればどんなに素晴らしいことか。 ビジネスマンでも結果を出している人であれば、日常の中に何らかのルーチンを持って自分を律している。それは恐らくそのルーチンをこなすことによって自分への自信を培ってるのだと思う。かく言う僕も日常の中に数多くのルーチンがあって、毎日それを決まった時間に忠実にこなしている。それをしていれば「安心」というものではなく、それが出来なければ「不安」というものでもないが、少なくともそれをこなしている時の方が自分はスッキリしていて、胸を張って歩ける。 結局のところ、自信は自分で培うしかない。よく人からの評価をそのまま自信に繋げる人がいるがそれは本当に危険だ。なぜなら人の評価って基本的にものすごいいい加減なもの(水物)なので、次も良い評価をされるとは限らない。そんな時には自分への自信を簡単に失ってしまうことになるのだ。自分が納得していなくても人からは高評価で、逆に自分が完璧に納得したのに人からは低評価だったということは少なからずある。人の評価を無視することは出来ないが、参考にはしても鵜呑みにしてはいけない。 自分の自信になるポイントは、実は「結果」「評価」などの派手な部分ではなく、日常の「自己管理」「ルーチン」などの地味な部分に潜んでいる。結果よりも「プロセス」にフォーカスしろと言われるのはそういう部分だろう。 「俺はこれだけやってきたんだから大丈夫」 「明日死んでも悔いは無い」 そう思えたり、言えたりするような生き方ができているか。自分を省みる良い機会になったロンドンオリンピック。 映画:Any Given Sunday より -------------------------------- I don't know what to say really… 何を話せばいいか・・・ Three minutes to the biggest battle of our professional lives all comes down to today. あと3分で、プロ生活最大の戦いがはじまる、今日が正念場だ Either we heal as a team or we are going to crumble. Inch by inch, play by play, till we're finished. 我々はチームとして、ここで復活しなくては崩れ去ってしまう 1インチ毎に、プレー毎に崩壊していくんだ We are in hell right now, gentlemen. Believe me. 我々は今、地獄にいるんだ、本当だ And we can stay here and get the shit kicked out of us or we can fight our way back into the light. このまま地獄にいてぶちのめされてくたばるか、 頑張って日の光を浴びるか We can climb out of hell. One inch, at a time. 我々は地獄から這い上がるんだ、1インチづつ Now I can't do it for you. I'm too old. I look around and I see these young faces and... だが俺の力だけではできない歳をとりすぎた お前達若者の顔を見ると思う I think, I mean, I made every wrong choice a middle age man could make. I uh.... I pissed away all my money believe it or not. 俺は中年が犯すであろうあらゆる間違いを犯してきた 俺は入ってきた金を全て無駄に使い果たした I chased off anyone who has ever loved me. And lately, I can't even stand the face I see in the mirror. 俺は愛してくれる女もみんな追い払った 最近は鏡に映る自分の顔でさえも見たくない You know when you get old in life things get taken from you. That's, that's part of life. But, you only learn that when you start losing stuff. 気づいているだろうが、人は年を取ると色々失う、それが人生ってもんだ でも失い始めて初めてそれに気づくんだ You find out that life is just a game of inches. So is football. Because in either game life or football, the margin for error is so small. そうした変化は1インチ毎に起こる、フットボールも同じだ 人生もそしてフットボールも、我々が犯す間違いは気づかないほど小さいものだ I mean, one half step too late or to early, you don't quite make it. One half second too slow or too fast and you don't quite catch it. だが、半歩遅くても早くても失敗する 半秒遅くても早くても取り損なう The inches we need are everywhere around us. They are in ever break of the game every minute, every second. その大事な1インチは 身の回りのあらゆる場所にある 試合の一瞬に、一分一秒毎にある On this team, we fight for that inch. On this team, we tear ourselves, and everyone around us to pieces for that inch. We claw with our finger nails for that inch. 我々はその1インチを戦うんだ 我々はチーム全員でその1インチに死力を尽くす 我々はその1インチを這い進む Cause we know when we add up all those inches that's going to make the fucking difference between WINNING and LOSING. Between LIVING and DYING. その1インチを勝ち進んでいくことが 勝利か敗北かを決めるのだ そう、生か死かを決める I'll tell you this in any fight, it is the guy who is willing to die who is going to win that inch. どんな戦いでも喜んで死ねる奴が その1インチを勝ち取れる And I know if I am going to have any life anymore. it is because, I am still willing to fight, and die for that inch because that is what LIVING is. 俺にまだ人生があるなら、その1インチのために喜んで戦い、死ぬ それが生きるってことだ The six inches in front of your face. Now I can't make you do it. 目の前にその1インチがある、強制はしない You gotta look at the guy next to you. Look into his eyes. Now I think you are going to see a guy who will go that inch with you. 隣の男を見ろ、そいつの目を。 一緒にその1インチを戦う男がいるはずだ You are going to see a guy who will sacrifice himself for this team. Because he knows when it comes down to it, you are gonna do the same thing for him. チームのために自分を犠牲にする男 どうして?その瞬間が来たとき お互いにそうするからだ That's a team, gentlemen. And either we heal now, as a team or we will die as individuals. それがチームだ チームの未来はお前らにかかってるんだ 無駄に生きるな熱く死ぬんだ That's football guys. That's all it is. それがフットボール、そういうことだ Now, whattaya gonna do? どうだ?どっちがいい?
広告を非表示にする