シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

憂鬱に感じるぐらいの仕事……

今日は短文です… 今まで仕事してました(++) ここ三週間で異常なぐらい仕事を呼び込んでいます。 このご時勢にありがたい話です。。。ほんと。 でも、ギリギリの線で進める仕事が多く、納期とコスト、リスクマネージメントに追われながら、ネタ切れしないように新規案件も増やす。 自分にとっても、本当にギリギリの状態です。。。 「憂鬱でければ、仕事じゃない」って本があります。 今度読んでみようと思います。 憂鬱でなければ、仕事じゃない/見城 徹 ¥1,365 Amazon.co.jp 本の内容を想像するに、憂鬱に感じられないような軽く「こなせる」仕事は、イコール「チャレンジしていない証拠」という事なのかな。 自分の実力の範疇でこなせる仕事ばかりこなしていては、成長できない。 文字通り「こなす」事ではダメなのかな。 誰しもプレッシャーや期限には追われたくないものです。 余裕のある時は、「追い込まれたい願望」があり、いざ追い込まれると「逃げたい願望」が顔を出す。 でも最近は、そんな「無いものねだり」で「弱い」自分も人間らしくて良いもんだって少し思えるようになりました。 30歳にして、少しは成長できたかな。 明日も憂鬱だけど(汗) 頑張ろう(精一杯の願望……)
広告を非表示にする