シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

「一鳥一炭」に行って…後輩と同級生へのエール!!

昨日は後輩夫婦と一緒に、中・高校時代の同級生と後輩が、独立開店した焼き鳥屋さんに行って来ました。 一鳥一炭 リンク:Facebookファンページ(http://ow.ly/5Gpzf) 大阪府富田林市喜志にある本店は、14日オープンでしたが、外食店が乱立する地区で、どんな状況になるか楽しみにしていました。 オーナーをしている後輩に電話をかけてもらうと、「予約システムがまだ無いから、18時頃に来てくれたら、まだすんなり入れると思う」との事で、行ってみると… とんでもない。 既に長蛇の列で、30分くらいは待ったでしょうか。 その後、3時間近く滞在したのですが、退店する頃にもその列は続いていました。 単純にすごいなと。。 でも一夜明けて冷静に考えてみると、そんな人気店を、後輩と同級生が運営しているという事実。 ビジネスの視点で見ると、それはもうとんでも無い事だなと思いましたね。 オーナーの後輩がポロッと口にしました。 「今の時代、お酒は売れないよ」って意見が圧倒的だったから、社内ではこの地区に焼き鳥居酒屋を運営するのは、非常に反対が多かったんだ、と。 勝手な想像ですが、他の様々な飲食店を運営する一族経営の会社から独立して、新たな運営会社を設立したのも、そういった反対意見との折り合いがあったのかもしれません。 でも事実、現時点では、彼らはその賭けに勝ってるんですね。 (賭けだったかどうかは分かりませんが…) オーナーの後輩と同級生と少しだけ話をしましたが、二人とも、学生時代からは想像もできない程しっかりしていて、肌ツヤが良く、良い笑顔をしていました。 リスクを背負っている「男の顔」 私は、人が変わる時には、大きく3つの条件があると思っています。 【人が変わる時】  <1> リスクを背負う(それに打ち勝とうとしている)  <2> 責任を背負う(それを全うしようとしている)  <3> 日々充実している *「大病をする」などの例外な事は除いています。 月並みな言い方ですが、こんな状況に置かれた人は、例外なく変わっていきます。 そういう人は、会った瞬間に、ツヤと言うか「キラキラ感」と言うか、とにかくオーラのようなものを感じ、詳しく話をしていくと、上記の3つの条件が揃っている事が多いです。 何も、経済的な意味合いだったり、立場や名声の話ではありません。 その人が志す目標に対して実現をして、日々充実しているか。 「その人にとっての成功」を感じられる立ち位置にいるか。そんな感じです。 また、そんな人たちには特徴があります。 【その状況に置かれた人の傾向】  <1> 目がしっかりと開いている  <2> 肌ツヤが良い  <3> 人に優しい 頻繁に交流する間柄では無いですが、彼らは、全て当てはまっていると、直感的に感じましたね。 自分にできる事は何も無い、いや、お客さんとして通う事ぐらいか。 お世辞抜きでおいしかったので、また家族で行こうと思います。 最後に。 学生時代にやんちゃだった同級生に感じた事。 「今日はお客さんが多くて偉いことになってるわ。大変やわ~」 と、だるそうな感じを演出して、私に話してくれました。 そんな彼は、3ヶ月前に会った時から、激痩せしていました。 その激痩せに、この3ヶ月間にかけてきた彼の思いを垣間見て、「大変やわ~」の言葉とは裏腹に物凄い嬉しいんだろうなと思うと… なんか嬉しかったです。 $Columnist さぁ主張を始めよう。 $Columnist さぁ主張を始めよう。 $Columnist さぁ主張を始めよう。
広告を非表示にする