読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

映画評…エリザベスタウン…豊かな人生と豊かな人付き合い

------------------------------ 仕事一筋に情熱を燃やしてきた大手シューズ・メーカーの新進デザイナー、ドリューは、社運を賭けた新型スニーカーを発表するが、商品の返品が相次ぎ、プロジェクトは大失敗。会社を解雇されてしまう。夢に破れ、生きる気力を失ったドリューは、自らの人生を終わらせる覚悟を決めるが、命を絶とうとしたまさにその時、疎遠になっていた父の訃報が飛び込んでくる。失意の中、葬儀の準備のために父の故郷・エリザベスタウンへ向かったドリューだったが、そこで地元の人々とのふれあいや新しいロマンスを通して、少しずつ心の傷を癒していく。 ------------------------------ 「豊かさ」について教えてくれた映画でした。 ストーリー自体は、いかにも映画っぽく非現実的な内容ではあるものの… 出演されてる人たちがみんな笑顔でした。 それは決して楽しい状況の人ばかりではありません。主人公も自分の命を絶ってもおかしくない状況ですが、それでも何とか前向きに生きており、その中での新しい出会いや出来事によって笑顔になっていく。 笑顔になれる理由。 それは決して状況が変わったわけでは無いという事です。自分が笑えば状況が好転するならば、みんな笑いますよね(笑) 状況が変わったから笑うのではなく、その物事の捉え方が変わったから笑えるのでしょうね。  失敗 → できない事の発見  成功 → 次への活力  後悔 → 学び  トラブル → もっと相手の懐に入るきっかけ などなど。その人は状況によって全く違うと思いますが、自分の捉え方さえ変われば、状況は変わり、人生豊かに生きれるのでしょうね。 文字にすると簡単なんですがね…(汗) 以上です。
広告を非表示にする