読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

映画評…エターナル・サンシャイン…オシャレにこだわり過ぎて引かれる…?

映画
-------------------------------------- 『マルコヴィッチの穴』『アダプテーション』の脚本家、チャーリー・カウフマンの最新作。監督は『ヒューマンネイチュア』のミシェル・ゴンドリー。お互いを忘れるために記憶除去手術を受けるカップルに、『マスク』のジム・キャリーと『タイタニック』のケイト・ウィンスレット。交錯する時間軸のヒントとなるケイト演じるクレメンタインの髪の色は要チェック。 恋人同士だったジョエルとクレメンタインは、バレンタインの直前に別れてしまう。そんなある日、ジョエルのもとに不思議な手紙が届く。「クレメンタインはあなたの記憶をすべて消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないように-」。自分は仲直りしようと思っていたのに、さっさと記憶を消去してしまった彼女にショックを受けるジョエル。彼はその手紙を送り付けてきた、ラクーナ医院の門を叩く。自分も彼女との記憶を消去するために…。 --------------------------------------- 見事に途中で寝てしまいました… 意外に豪華な出演者で、映画の構成自体はものすごくオシャレだったのですが… それが逆に複雑さを生んで、分かりにくい映画だと感じました。 要するにこりすぎかな(?) 注目するとすれば、ケイト・ウィンスレットが演じる破天荒なキャラクター。 彼女は基本的に清純派で、正統派の役が多いです。しかしこの映画では、髪の毛を青色や赤色に染め上げて、天真爛漫で破天荒な女性を演じています。元々の彼女との、乖離があって注目です。 すみません。私的には、、それだけです。
広告を非表示にする