シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

AKB総選挙 欲求丸出し、嫉妬むき出しの表情の方がカワイイと思った件

まさかの1位に指原もびっくり「AKBは壊しません!」 AKB総選挙の歴史を変えた大波乱  リンク:Yahoo!ニュース(http://ow.ly/lQn4z) 昨日、普段めったに見ないTVをつけたらAKB総選挙なるものがやってて、おもしろそうだから見てみた。まぁ今をトキメクグループとマーケティング手法だけあって、もの凄い盛り上がり。そしてそもそもこんなイベントを4時間ぐらいにわたって生放送するってこと自体が、それだけのニーズがあるってことの表れなんだと思う。(いつからやってるのかは興味ないからGoogle先生には聞かないでおく。) んで、何やら過去に問題(?)を起こしたらしい「サシコ」(このあだ名もどうなん?)が一位になって騒然とするとか、これまた過去に問題を起こした峯岸さん(その時坊主になったんかな?)のお母さんが出てきて号泣するとか、上位に君臨する「まりこ様」こと篠田さんが卒業を発表するとか、まぁ色んな仕込みがあるもんだなと感心して見てた。その時々で話題を作る術ってのは、プロデューサーの秋元康さんだけじゃなくって、メンバーも上手だなって思ったな。 僕はその内容自体よりも別の部分に興味があって見てた。 まぁ「仲間」の上位入賞で喜んだり、「仲間」の卒業で号泣したり、「仲間」のコメントで泣いたり、いかにもアイドルらしい場面ってのがたくさんあった。でもね、これホンマか?って何となくリアルに感じれれなかったんです。ウソ臭いというか・・・まぁずっと一緒にやってきた「仲間」なんだろうし、そういう意味で涙したり、あの会場の異様な一体感でもらい泣きしたりってのはあると思うんです、でも、、、それでもどっかリアルじゃなかったんだよな、僕には。もともと興味が無いから冷静で客観的に見てたってのもあると思うけど。 上位入賞の子たちはさすがだなと思った。「いつ何時自分がカメラに抜かれるか分からない」って緊張感がずっとあって、泣いたり、笑ったり、喜んだり、その時々のリアクションや表情が満点!!TPOわきまえてると言うか、この場面では「この表情こそふさわしい」ってモノを忠実に、そして完ぺきにこなしてた。それはもう恋愛禁止の全てにおいて完璧な「みんなのアイドル」さながらというか、今や「偶像」ですらあるAKBを演じきってるんです。すごいと思った。 僕にとって最も面白かった場面は。それ以外の、言い方は悪いけど下位の子たちの表情と立ちふるまい。 その子たちはやはり注目されることに慣れてないのか、TVにメインで取り上げられることに慣れてないのか、気を抜いてることがすごく多かったんだ。全体がバッと映る時や個人がインタビューで取り上げられる時には完璧な顔をつくるし、「いまこの瞬間に売れてやる!」っていう一瞬に賭ける気持ちもすごいと思った。でも、、、、ふと人気の誰かがカメラに抜かれた背後に映ってしまった感じの時の表情がとってもとっても興味深かったんだ。それはそれは欲求むき出しというか、アカラサマに「ケッ!!」って顔してたり、喜怒哀楽のどれでもない「無(む)」の表情だったりね。それは上位に行きたい欲求や、人の成功を妬ましく思う気持ちが表情に表れてた。 でもね、それこそが人間らしくて「自然体」なんじゃないかな? 人間はやっぱり演じてる時よりも自然体の時に魅力や色気が出る。もちろん芸能人をさ、身近な恋愛対象として感じるのはおこがましいんだけど、それでもAKBを演じてる女子よりも、欲求や嫉妬むき出しの女子の顔の方が魅力的だと思ったよ、僕は。芸能人や誰かにとっての偶像である以上、自然体でいることは難しいのかもしれないけど、手が届きそうなアイドルを目指すんであれば、そんな表情も晒していった方がいいんじゃないかな?どうなんだろ? 少なくとも僕は 演じてる彼女たちよりも、「売れてやる!」って欲求丸出しで、「コイツがなんで選ばれんねん!」って嫉妬むき出しの彼女たちのほうが「カワイイ」って思ったよ。 マニアック・・・・・? ★★ポチッと頼んます(´ε` )★★ 人気ブログランキングへ
広告を非表示にする