読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

書評…記者クラブ崩壊…情報を隠しているのは誰か?

------------------------------- 第1章 記者クラブの抵抗―2009年9月‐12月(新聞・テレビはいったい誰の味方なのか    ×井沢元彦(作家)記者クラブこそ日本最大の抵抗勢力だ    国民から知る権利を奪う「報道自主規制」という悪弊    記者クラブを放置すれば日本は海外メディアから捨てられる    ×亀井静香(金融・郵政改革担当大臣)国民が知らない記者クラブとの「100日戦争」) 第2章 官僚との癒着―2010年1月‐3月(記者クラブの壁を軽々と越えてしまったツイッターの衝撃    冤罪、国策捜査の片棒を担ぐ「司法記者クラブ」の大罪    記者クラブへの年間13億円超「公費支出」を事業仕分けせよ    ×花岡信昭(元産経新聞政治部長)記者クラブ制度批判に徹底反論する) 第3章 裏切りの官邸―政権発足前夜(ドキュメント・裏切りの首相官邸) ------------------------------- 記者クラブとは…Wikipedia 記者クラブ(きしゃクラブ)は、公的機関や業界団体などの各組織を継続取材を目的とするために大手メディアが中心となって構成されている任意組織である。英語では「kisha club」ないしは「kisha kurabu」と表記される。大手メディア以外の記者・ジャーナリストも加盟できる「プレスクラブ」(日本では、社団法人である日本記者クラブや、日本外国特派員協会などが該当)とは全く性格を異にするほぼ日本独特のシステムである。フリーランスの記者などに対し排他的であるとして近年、批判を浴びている。 近年ネットを中心に、この「記者クラブ」はキーワードになっています。日本でかなり話題になっている事、そしてその排他性を研究されていることから、海外でも「キシャクラブ」はそのまま通じるそうです。全部が全部事実ではないと思うので鵜呑みのはできませんが、少なくともその傾向が書かれていると思います。多くの人に読んでほしいので、内容は伏せておきます。 恐い… 本当に恐い… 自分で情報を得て、自分でフィルターにかけて、自分で裏を取るスキルが無ければ、その時々の「他人の利益」に向かって誘導されるだけです。それは震災後の地震や原発に関する情報公開でも明らかになったのですが。。。 うん。もっと勉強だ。
広告を非表示にする