読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

プロブロガー:コグレマサトさん(@kogure)のツイートに見るブログの本質

f:id:Jazzy-T:20140115063459j:plain

どうもシルタス!のJazzy-Tです。

今朝はなぜか5時に起きて仕事していますがランナーズハイ状態です。

 

さてさて。

昨日Twitterを見ていると、大人気ブログ「ネタフル」でおなじみの「コグレマサトさん(@kogure)」がブログ論をつぶやいておられました。

 

むむむ。

 

ここ最近は本当に色んな所で「ブログ論」が盛んです。

ブロガーさんたちが、自分にとっての「ブログとはどうあるべきものなのか?」をそれぞれのブログ内で披露されていて、しかもそれがはてなブックマークを集めたりして人気なんですよね。それは勉強にもなるし、その反面、そんなに堅苦しく考えなくても・・・と思ってしまう場合があります。

 

かく言うぼくの「ブログ論」は以前にも書きました。

それはコグレマサトさんと一致しているのですが、「書き続けるしか無い」というものです。

ブログはオークションのようなもの、好きなことを書けばイイ - シルタス! http://ow.ly/sAms8

 

「月◯◯万PVを集めるための方法」なんて読んでないで、結局ブログなんて書くしかねぇんだよ! - シルタス! http://ow.ly/sAmpe

 

言ってしまえば身も蓋もない、でもカッコ良く言えば「本質」と言えるかもしれませんが、結局はそれしか無いと考えています。

 

ちょっと残念に感じているのは、「稼げる」「ブログで飯を食う」というところから逆算したブログ論もまた最近増えてるように思います。「何かを伝えたい」とか、「自分が大好きな◯◯について発信したい」とか、そんな子供のような衝動を抑えて「稼ぐためにはどんなブログを書くのか?」「どんな内容が稼ぎやすいか?」が中心のブログ論です。

 

ブログで収入を得ていくのは素晴らしいことです。

ブログはまだまだ「遊び(趣味)」だという認識も根強いですが、ブログを書くことだって立派な執筆であり、労働です。ブログで稼ぐこと自体はとても良いことですが、そこを起点にすると何事も続きません。特にブログで稼いでいくには、それなりの時間と労力が必要だからです。

 

仕事だって自分が楽しんでやっているときは結果に繋がりやすいけど、売上ばかりに目が行ってる時は視野が狭くなり、結果に繋がりにくいものです。顧客に対して「押し売り感」が伝わってしまうし、ブログで言えば読者の方に「必死感(アクセス欲しい!)」が伝わってしまうのでしょう。

 

だから色んな人のブログ論を読み込んで、ムダに自分の中で「ブログとはこうあるべき!」を作ってしまうのではなく、まずは自分が何のために書くのか、本当に書きたいのかを見つめて欲しいし、ぼく自身も毎日のようにそれを確認しています。

 

下記にリンクを貼りますが、ブログ運営に関するコグレマサトさんの著書です。

 

本のタイトルに「結果」とか 「アクセスアップ」とか書いてあるので、「おい!てめぇも結局それじゃねぇかよ、グォォォォラァァァァァァ!」って思わないで欲しいのですが・・・この本は他のハウツー本と違って、プロブロガーであるコグレマサトさんが、ブログを運営する上で行っておられる「基礎」が書かれています。

 

よくありがちな「注目を集める方法(テクニック)」に関するものではなく、言わば「読んでもらうための準備」に関する内容です。ですので、もっと手っ取り早く派手な炎上芸などを求める方にはオススメできません。

 

ブログを始めたいと思っている人も、既にブログを書いている人も、プロブロガーの極意をここで学ぶのはとても有意義だと思いますよ。ぼく自身、この二冊はいつも持ち歩いて繰り返し読んでいます。

 

〜関連リンク〜

[N]ネタフル http://ow.ly/s8qbn

 

コグレマサト (kogure) Twitter http://ow.ly/s8qbJ

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア"の極意

 

 

 

広告を非表示にする