読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

働き方の自由度を手に入れる第一歩はコレ

社会 オピニオン

f:id:Jazzy-T:20131229073149j:plain

どうもJazzy-Tです。

年末休みからあえて規則正しい生活をしようと決意した当日に、三時間の昼寝をしました。

 

さてさて。

こちらを読ませてもらいました。

 

“いい会社に入る”より、働き方の自由度を手に入れよう! - Chikirinの日記 http://ow.ly/s7qnc

 

この主張には基本賛成です。

会社員は基本的に「不自由」なのですが、その中でも最大限の自由を手に入れるのはとても大事なことです。

 

近年活躍しているネット企業のように、自由な働き方が風土として整備されてる会社はいいと思いますが、多くの会社ではよく分からない決まり、「昔からだから」というだけの慣習に縛られていることでしょう。

 

出来る限り生産的に働くためには、主張するところはどんどん主張したらいいと思うのです。

 

「日報」って必要?

まずあんなの「週報」か「月報」でよくない?

 

管理職ができるだけ早い段階で問題に気づくためって言うけど、指摘されたこと無いんですけど・・・しかも読んでない人がほどんどだよ。しかもエクセルシートじゃなくてメールの方が断然便利だよね。

 

 

営業は「直行直帰」でいいやん?

営業スタッフであれば、いちいちオフィスに寄らせるのが非効率的です。

何かの準備があるのならまだしも基本は直行直帰でいいす。

 

夕方は会社に必ず帰れとか、朝礼はみんなでしようとか本当に古いです。

 

 

ランチは「11:30〜」にしよーや?

みんなが12:00〜ランチにするから都心のお店やコンビニはそれだけで疲れそうなぐらい混んでるのです。

 

それが当たり前になると疑問も持たなくなるんだろうけど、本当にあれは辛い。たった30分早くするだけで快適にランチを食べれるし、多くの会社がランチをしている時間に昼からの仕事も始められるから邪魔もされないし。

 

 

もうそんなことをやりだしてる会社も多いんだけど、まだまだの会社も多い。

もっとやろう。うん、やろう。

広告を非表示にする