シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

命に値段はあるのか? 辛坊氏が救助されたカオスな件

★★たまにポチッとお願いします(*´ェ`*)★★ 人気ブログランキングへ 辛坊さんは好きで行ったんだから救助費用を払うべきが40%に驚く・・・(永江一石) -  リンク:BLOGOS(http://ow.ly/muF63) 思わぬ論議を呼んだ辛坊氏の“太平洋漂流記”――謝罪会見の評価は?  リンク:Business Media 誠(http://ow.ly/muFcg) なんなんだろうね、カオスだねこの件。 全盲の方と小型ヨットで太平洋横断するという壮大な挑戦で注目されてた辛坊氏が、遭難して自衛隊に救出されて「謝罪会見」とは。 そもそもなんで「謝罪」なんだ? 普段のお仕事で政治を論じたり、税金の無駄遣いを批判してるからか? 「税金の無駄遣いを批判してたボクが遭難したことによって1,000万円も使わせてしまってゴメンナサイ」ってか。じゃあ普段税金のことを口にしてる人は、自分に税金を使わせるようなリスクのあるチャレンジは回避するべきなのか。論理がよくワカラナイ・・・ 「救助費用は自分で弁償しろ」って意見も、それはそもそも「辛坊氏は金持ち」って前提があるものだろうし、じゃあ仮に辛坊氏が一般人ならここまでの話にはならないのか(まぁ一般人ならここまで注目もされてなかっただろうけど) 普段◯◯してる人は◯◯してはいけない、とか、お金持ちは税金弁償しろとかおかしいと思うんだよね。それってさ、いつもボクが違和感を感じるものの筆頭にあげられるモノと似てる。 それはTwitterで 「あなたは有名人なんだからそんな事言ってはいけない」 「あなたは影響力あるんだからそんな発言は慎むべき」 とか言って、自分はフォロワー少ないからって匿名でガンガン下世話なことつぶやいてるものと何ら変わらんと思うんだよね。 確かにこのチャレンジは誰から頼まれたものでもない「勝手なもの」かもしれないし、不運にも遭難してしまったことも「知ったこっちゃない」事なのかもしれないし、実際ボクも今朝までそう思ってたよ。 でもこのカオスな件を調べるにつれて、なんかまるで命に値段があるかのように思えてきたんだ。著名人は値段が高くて、一般人は安いみたいな。(保険費用なんかで換算すると明確な差はあるんだが) 大げさかもしれないけど、有名人が救助されたら大事になって謝罪会見、かたや一般人が救助されたニュースには「良かったね」と安堵する。 辛坊氏のこのカオスな件は、何かもっと大きなものの問題定義をしてくれてるように思えてならない。 うん。
広告を非表示にする