読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

「キャリアアップ」の前に「何をしたいか」

「出世はイヤ!スキルアップもしない?」 若者が望むキャリアアップの“謎”  リンク:日経ビジネスオンライン(http://ow.ly/mlzM5) 「キャリアアップ」という言葉、分かるようでワカラナイ。 今までは何気なく使ってきたし、なんとなく「ステップアップ」的な意味合いなんだろうと思うんだけど、キャリアがアップして果たしてどうなるかを考えたところ、どうにもわからなくなった。 成長や自己実現って言葉がよく使われる。 で、この「キャリアアップ」ってほぼそれと同義のような気がする。自分の「スキル」を磨いて「実績」を残し、その実績に応じた「転職」をして、それに見合った「報酬」をもらう。それが分かりやすい「成長」の形として提唱されてるんだね。 でもじゃあその通りになったとして、キャリアがアップして自分は一体どこに行きたいんだろう?何をしたいんだろう?どうなったらゴール?それわかってる人って少ないんじゃないかな。単純に成長が良しとされていて、その空気感にならって「キャリアアップ」と口にしてる人が多い気がする、何となくだけど。 確かに「報酬」というのは、社会における自分への評価で分かりやすいものだから、それがアップしていけば「成長」と言えるかもしれない。でもそれを通じて自分が何を成し遂げたいかが分かってなければ人生の幸福度って下がると思うんだよな。本来の自分の心とは全く別の部分で頑張ってキャリアアップしてもしんどくなるだけだよね。それにも耐えられる恭順な精神力を持ってるなら別だけどさ。 なんとなく「キャリアアップ」って言うんじゃなくて、自分が何をしたいか、自分は今後何を成し遂げていきたいか、それを考えることってめちゃくちゃ重要だと思うんだな。それが分かってる人と、分かってない人では発揮できるエネルギーが変わってくるから。自分の心がわかってる人なら、目的のために「キャリアアップ」すら単なる「手段」として利用できるしね。 「スキル」とか「キャリアアップ」って言えば何となくカッコいいし、カッコつくけど、その前に自分と向き合ってみた方がいいと思うよ。 僕は就活生や学生にこんな事偉そうに言えないけど、12年働いてきた人の話だと思って今回ばかりは聞いてみてほしいな(´ε` ) ★★ポチッと頼んます(´ε` )★★ 人気ブログランキングへ
広告を非表示にする