シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

瞬間的に愛されるよりも、長く愛されるように

飽きられない方法  リンク:わかったブログ(http://ow.ly/lwQQ6) どんな時に人は「飽きる」のか? 人と食事で考えてみました。 <食事>  味が濃い、味が薄いものを食べ続けたとき。  ある特定のものを食べ続けたとき。 <人>  キャラが濃い、キャラが薄い人を見続けた時。  ある特定の人と一緒にい続けたとき。 なんか共通してる。 両極端で「濃い」「薄い」とかって一時は注目されて流行るんだけど、そのうち飽きられる場合が多い。「濃口」だの「薄口」だの言っても、ずっと濃い味ばかりは食べられないし、交互に食べないと内臓が大変なことになる。逆にずっと薄口ばかりだと、たまに濃口を欲するようになるしね。人間の体はそのように出来ている。 人間もそうでバーーンと注目されるキャラの濃い人って、最初のうちは人気なんだけどそのうち飽きられてたりする。飽きられてきたら人より目線のハードルが上がってる分、逆に厳しい評価をされたり、それはそれで悲惨。逆に薄い人も話題になったりするんだけど、薄い人はその内忘れ去られる(笑) 関係ない話だけど、僕は自分で「キャラ」を設定してそれをウリにしてる人によく話をするんだ。 「キャラだけじゃその内食べていけなくなるよ。」って。 天然でそのキャラを持ってる人はしょうがない。でも自分でキャラを設定してるような人は養殖なんだよ。最初は「テヘペロッ」的な感じで「しょうがねぇなぁ」なんて言ってもらってその味をしめてるんだろうけど、人は慣れてきたらそんなキャラなんてお前の勝手でウザイだけなんだよって思うから。つまり普通に人よりも風当たりが強くなっちゃうんだよね。 ずっと長く愛されるものは実はシンプル。 僕は靴が好きなんだけど、コンバースのオールスターとかadidasのアーパースターとかNIKEのAIR JORDANシリーズとか、世界中で長年愛されてるものって本当にデザインがシンプル。たまに限定とかリニューアルでその時々の流行に合わせたデザインとかが出るんだけど、結果的に生き残るのは当初のデザインだったりする。 つまり「濃く」もなく「薄く」もなく その真ん中(シンプル) ブログもそうなのかな。 たまに炎上させて注目を集めるブログでいつの間にか更新が途絶えるものは多いんだけど、やっぱり読者に飽きが生じてPVが減る → 管理者のモチベーションが下がる → 閉鎖のような流れになるんだと思うよ。もちろん、僕も含めてなかなか沢山のPVが集まらないブログ書いてる人からすると羨ましいんだよ。いくら炎上でも注目されてるのは事実だしね。 人もそうだよ。 目立たない人からすれば、最初からキャラがあって目立って、人の懐にすっと入る人を見てると羨ましい。でも時間が経っても同じ立ち位置でいるかというと違う場合も多いと思うんだよ。もちろんそのキャラでそのままイケちゃうような強者も中にはいるんだけどさ。でもちょうど真ん中にいるタイプでコツコツ真面目にやってきた人が最終的にはトップに踊り出る場合って実は多いと思うんだな。実際そういうケースを多く見てきたしね。 何が言いたいかというとさ。 瞬間的に愛されるよりも、長く愛されるようになろうって話。 (ブログもね。) ★★ポチッと頼んます(´ε` )★★ 人気ブログランキングへ
広告を非表示にする