シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

新しいことをやれば必ず失敗するよって話

「新しいもの」をやろうとする人の99%は失敗する (1/2)(古川健介)  リンク:BLOGOS(ブロゴス)(http://ow.ly/kJoTv) 新しいことをすれば99%ぐらい失敗します。 これはヲラ個人の経験だけじゃなくって、周囲を見てもそう思います。 でね、仮に最初からスイスイうまくいたっとします。その場合は恐らく「新しいこと」じゃないんですよ。あくまで今までの「延長線上にある」新しいこととかね。つまり全く新しいことではない。人って大げさだし、基本的にカマッテちゃんだから、少しでも新しいことをやると誇張して人に言ったり、「みてみて」的な感じで聞くから、こっちもついつい大げさに捉えちゃうんですよ。(まぁ、それはいいか。) ユニクロの柳井正会長も「一勝九敗」って本だしてるし、一勝九敗でもイイ方だって言ってた。それだけ新しいことをやるのはリスクが高い。でもその分リターンも大きい。 ビジネスで新しいことをやれば、たとえ成功する確率は低かったとしても、もし成功すれば新しい分野を開拓して一人勝ち状態になれる可能性もある。個人では他業界に転職したとして、全く何もできないリスクもあるけど、自分の潜在的な能力が一気に開花する可能性もある。ハイリスク・ハイリターンとはよく言ったもんだよ。 新しいことに取り組まないと成長できない。やり続けることで得られる成長(熟練)もあるけれど、その速度はやっぱり新しいことをやりだした時の比じゃない。 分かる範囲のことをやり続けて、そこそこ成功するのもひとつのスタイルだけど、ヲラとしては出来る限り新しいことにチャレンジし続けていきたいな。それが自分の目指してる場所に絶対繋がるから。 ちなみにヲラの今は、一勝四十二敗だな。 ★★ポチッと頼んます(´ε` )★★ 人気ブログランキングへ
広告を非表示にする