シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

粘着されたくないなら、粘着しない。

ブロガーは粘着質な匿名の人と戦わなければならない リンク:デジタルマガジン(http://ow.ly/koTFE) ネットでもリアルでも粘着されることってあると思うんです。 まぁヲラはそんな人気ブロガーでもないし、Twitterのフォロワーさんも1,800人そこそこだから、比較的自由に思ったことを書いてるんだが、それでもたま~~にいるからね。ブログでもTwitterでもね。 そういう人の特徴は、何に怒ってるのかが分からない。 んで、何が言いたいのかが分からない。 んで、文章が長い。 とにかく何かが気に入らないんだろうけど、文章からはその「気に入らない」って事しか伝わってこないんだよね。なのに文中に「?」とかこっちへの投げかけなんかをされてて、すごく困ったりするんです。 笑えるのは、ヲラが書いた「~だ」と断定している部分を指して、 「それはあなたの勘違いです。自分だけの考えを人に押し付けるのは迷惑だ」 って断定で返してきたり(笑)まぁ熱くなってる時って、周りが見えなくなるからそんな事には気づかないんだろうなぁ。そして後から見返すこともないだろうしね。 リアル社会での粘着もある。 リアル社会の場合は、基本的に顔も実名を知った上でやるわけだから、もう少し遠回しだったり、ゆっくり時間をかけたりする。まぁその分たちが悪いとも言えるんだがね。 粘着されたい人は基本的にいないと思う。 だから粘着する人だって自分が粘着されるのはイヤなはずだ。だから人に粘着すればするほど、粘着される舞台には行きたくなくなる。例えば、実名表現だったり、人気ブロガーになったりね。リアル社会で言えば、居酒屋で部署長の批判を言えば言うほど、自分が部署長にはなりたくなくなるのと同じ。自分がやってきたことは、自分がその舞台にイケばそっくりそのまま返ってくるんだから。 実名っていうのは、表現する方も、粘着する方もそれだけリスクを負うって事なんだよ。そらみんな匿名でやりたいよな。 取りとめもない文章ですがね。 ★★ポチッと頼んます(´ε` )★★ 人気ブログランキングへ
広告を非表示にする