シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

2011.3.11が教えてくれたものは。

あの東日本大震災を忘れてほしくない。この動画を見てほしい。 リンク:ゴールデンタイムズ(http://ow.ly/iTvLq) もう二年と言うべきか、まだ二年と言うべきか、3日前に3.11を迎えた。 「忘れてはいけない」って冠詞が多いんだが、実際のところは忘れたい人が多いんじゃないかと思う。絶対に忘れてはいけないんだけどね。 3.11後を思い返してみると、きっかけとしては最悪な出来事だったけれども「新しい時代へ」というような期待感も多くあったし、様々な予測や分析が飛び交ってたように思う。しかし二年経ってみて思うのは、結局のところ何も変わってないんじゃないかって事なんだよな。あれだけ大きな出来事に出会っても、人や、そしてその人の集合体である組織は変わらない。 3.11は、逆に「変わる」って事の大変さと難しさをまざまざと見せてくれたんじゃないかと思う。 2011.3.10のことを思い出す  (http://ow.ly/iTwjW) だからこそ、ヲラ個人としてはどんどん変わってやろうと思うわけです。 これはいつも言ってることだけど、「復興支援」はボランティアや何らかの取り組みだけじゃない。しっかりと仕事して業績を出して税金を納める。それが結果的に支援に繋がるわけです。だから多少失敗したってどんどんいろんな仕事して、成果出してね。 改めてご冥福をお祈りします。 ★★ポチッと頼むぜ★★ 人気ブログランキングへ
広告を非表示にする