シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

予想された中国での元総理の問題発言(領土問題)

鳩山氏「尖閣は係争地」発言、官房長官が不快感 リンク:YOMIURI ONLINEhttp://ow.ly/gUyQG) 結局のところ、この人の本質は「ええかっこしぃのおぼっちゃん」なんだろうな。 組織でもいるよな?良い人で最初のウケはイイんだけど、いろんな場所でその時々の聞こえの良い事(きれいごと)言っちゃっう八方美人。んで、それが長い目で積み重なってくと、裏切られた人が多くなってきて結局は誰からも信頼されない。んでんで、本人は悪気ない(なさそう)だから一番タチ悪いんだよな。 おれサマの知り合いにもいるよ。 カッコいいのよ、そいつは。会議でも「若手の有望株」のように振る舞ってみんなにウケることを言うから管理職の印象に残る。でもその後の実行力はゼロに近いからうやむやになるんだけど、あんまし能力の無い管理職であれば「会議」での印象だけで評価したりするから、評価は高いんだよね。でも人がついてこないから徐々に身ぐるみはがされちゃうんだよ。 おれは何度かハッキリそいつに言ってやったんだけど、評価されちゃってる分「俺はこれでいいんだ!」みたいなビミョーなマイウェイ感もあって、なかなかそこかだ脱却できない。今となってはすごく嫌われてるみたいだ。それはそれで本人の勝手なんだけど、やっぱり仕事ができる、できないって「印象」よりも「実力」なんだよな。そこをはき違えて、実力を磨かずに社内政治に精をだすと、政治の綱が切れた時に本当に大変。でも実力があれば社内政治の綱が切れても環境を変える事が可能なんだよ。 おれサマは32歳ながら、人生でそんな社内政治の綱が切れた後の悲惨な場面を何度か見れたことが自分の人生の大きな指針になってるぞ。 話は大きく逸れたけど、、、 元総理でありながら昨年秋ごろから続く領土問題のこのシリアスな時期に、先方に伺って手土産に先方にとって有利な発言を残してしまうのはマジでいただけない。日本が無理難題を主張してるわけじゃなくて、実際に実効支配してる土地なわけだからね。向こうだってそら元総理が来て「係争中」って言えば、それが日本の認識だって思っちゃうでしょ。ぼっちゃんなのは本人の責任じゃないけど、報道陣に囲まれたときに「そういうつもりじゃなかった」って言う姿が目に浮かぶ。報道陣もっとイケ。 ところで鳩山由紀夫先生は引退したんじゃなかったのか。 ★★ポチッと頼むぜ★★ 人気ブログランキングへ
広告を非表示にする