シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

マクドナルドが独善的な合理化に走ってるように見える件

最近のマグドナルドがなんかおかしい。 詳しい実態までは知らないんだが、何やら迷走しだしてる感がある。 【やはり無理があった】マクドナルドの「ENJOY!60秒サービス」が酷い リンク:Togetter(http://ow.ly/gSwzx) マクドナルドがこっそり5県に値上げを実施。原田社長「消費者は完全に守りに入っている」 リンク:【2chニュー速クオリティhttp://goo.gl/CX13c) 「マクドナルド」 メニュー表撤去 → メニューボード見上げる客急増…“余計に時間かかる”結果に リンク:アルファモザイク(http://ow.ly/gSwZ2) 個人的には原田社長には昔から注目してて、色んな記事や著書、TV出演にいたるまでを網羅してきたわけだが、実はマクドナルドはあまり利用してなくて、30歳ぐらいになって初めて「朝マック」を経験したぐらいなんだよな。出張の時にたまにお昼に食べてみたくなって食べる、んでしばらくいいわ、そんな感じ。ガヤガヤしてるのも苦手だしね。 でも原田社長就任後のマクドナルドの業績はすさまじいものが有って、詳しく言うまでもなく売上増、利益増を続けてきたわけ、しかも既存店舗の1/3程度を減らしながら。これは徹底した数値管理と戦略が無ければできない荒業ですわ。 おれサマがそんなマクドナルドに違和感を感じた出来事が。 それは原田社長が「カンブリア宮殿」に二回目の出演をした2012年3月22日。 社長就任以降右肩上がりと言うか劇的な成長を見せたマクドナルドの事を、番組はそれはそれは華々しく演出してていたわけだが、あるシーンに目を奪われた。 それは全国のスタッフが接客などを競う「社内コンテスト」があるって部分。 (コンテストの名前も詳しい内容ももう忘れた…) で、そのコンテストで上位になったか優勝したかの22歳ぐらいの女性がフューチャーされてたわけ。確か宝塚の大型店舗所属だったかな。 すごいやん!と思って見てみると、そこには他のスタッフや年上のスタッフに向かってタメ口&関西弁で荒々しい指示をする女性の姿があった。「なぁ?前も言ったやろ!」「~を~したらできるやろ!?」確かそんな感じだった。コンテストで優勝するぐらいだから、社内や店舗での地位は高いんだろうし、それなりに社歴もあるんだろうけどちょっとどうなんやろか。 それでその女性のインタビューでは「来年もイイ成績を残したいです!」とかなり爽やかに言ってたんだな。で、それを番組側は、「原田社長、なんでマクドナルドはこんなにもスタッフが充実して働けるんでしょうか?」と話を振ると「んーーー 自己実現でしょうね」と答えたわけだ。 うーーーん。 確かに数秒を争うファーストフードでは徹底的な効率化が求められるだろうし、逆にそうしなければ顧客も満足させられないばかりか、利益も出し続けていけない。そんな厳しい現実の中で甘っちょろいかもしれないが、年上を平気で罵倒するような姿はどう考えても異常に思えてしまうし、マクドナルド的にはOKでも社会的にはNGな気がしてならないんだ。 でもそれを「コンテストで良い成績を残したい!」と言えるスタッフさんや、それを「自己実現でしょうね」と言える経営者さんはちょっとマヒしてるように思えてならない。つまり「顧客満足」のビジョンがいつしか「独善的な合理化」になってないかってこと。 こんな場所で、クソみたいなBlog書いてるおれサマからの発信なんて小波にもならないだろうけど、最近の事例を残念に思ってて、それがどうもあのカンブリア宮殿とリンクしてならないんだわ。 またしばらくマクドには行かないんだろうなぁ。。。 ★★ポチッと頼むぜ★★ 人気ブログランキングへ
広告を非表示にする