読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

書評…セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱…一人の人間として円滑な生理現象を促すために

------------------------ 序章  私がセックス・ヘルパーです 第1章 東京大学で野「性風俗研究」から分かったこと 第2章 射精介助、始めました 第3章 新しい「性の公共」を作る 第4章 あなたのセックスが社会を変える 終章  セックスを「社会の光」にするために ------------------------ 「射精介助」 性風俗以外でそんなことを行っている団体があることを初めて知った。 童貞や処女という言葉はネガティブな意味合いで使われることが多いが、それは「性」が人間の尊厳そのものに直結することを意味していると思う。 モテる、モテないとは別の次元で、自分での射精が叶わない人たちに対して、あくまでケアの一環としてのサービスを行う。このサービスは恐らく日本的文脈では説明がしずらく、本書にも記されているとおり、大きな誤解と波紋を呼ぶ。様々な申請にも不利だろう。 しかし、個人的にはこのサービスを大いに支持したい。 便秘にも見られるように、生理現象を円滑に行えることによって、体調や精神にも大きく影響すると思うからだ。 そこに健常者も障害者の区分けはなく、一人の「人間」として。
広告を非表示にする