シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

結果的に獲れることと、獲りにいって穫ることの大きな違い

photo:01

「ビジョンが大事」だとはよく言ったのものだけど、最近本当にそう思う。 スポーツ(バスケット)に例えてみると、ビジョンを持たずにただ何となくプレーしてる人は、仲間からパスがたくさんくれば結果を出せるけど、パスがこなければ何もできない。活躍できたとしてもそれは「結果的に」というものなんだよね。 逆にビジョンを持ってる人は、自分からパスを呼び込む動きをする、そうするとパスも集まるし結果も出せる。これは自分が「こんなプレーをするんだ!」というビジョンがあるからこそできる動きだと思う。 ビジネスでもそうで、きっとビジョンがはっきりしている人は、毎日自分に何かを呼び込む動きをしてるからこそ、人よりも強烈なエネルギーで結果に向かい、多くの人を巻き込み、最短で結果を出すんだと思うんだな。 今日、バスケしながらそう思った。
広告を非表示にする