シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

日経新聞社説 : 個人レベルで柔軟に考えれば、円高は年収をあげるチャンス

40年を経て深まった基軸通貨の揺らぎ  リンク:日本経済新聞http://ow.ly/628ee) おもしろいデータがありました。 下図は、日本人の平均年収推移を示したグラフですが、1997年の467万円を頂点として完全に右肩下がりになっています。 残念な事ですが… $Columnist さぁ主張を始めよう。 会社員の平均年収(横軸は年、出典:年収ラボ「統計元:国税庁 平成21年 民間給与実態統計調査結果」) では、少し視点を変えて、海外通貨、例えばドルに対する円の価値で見ればどうか。 そんな視点でまとめてみると…  西暦 平均年収  ドル円レート 平均年収(ドル)  1995   457    94.33     48447  1996   461    111.03    41520  1997   467    122.35    35670  1999   461    112.49    40981  2000   461    107.76    42780  2001   454    125.51    36172  2002   448    123.19    36367  2003   444    114.13    38903  2004   439    106.38    41267  2005   437    112.3     38914  2006   435    117.32    37078  2007   437    116.86    37395  2008   430    100.66    42718  2009   406    94.45     42986  2010   ?    86.61     ?  2011   ?    81.85     ?   これはかなり驚きでした。 対ドルで見ると、2009年の平均年収はが1996年以降で最も高くなっています。 円高は、輸出にウェイトを置く企業からすれば大打撃でしょう。 しかし、個人レベルで柔軟に考えれば、自分の年収をあげる事ができます。 誤解があってはいけないのですが、ここで言う「年収をあげる」の意味は、「額面年収」をあげる事でではありません。 (今は、額面年収が右肩上がりの企業は少ないでしょう…) 円の価値が高いのであれば、世界相手の消費をすれば、価値の高いものを変えるという事です。 本来はもっと年収が高くなければ買えない物、日本国内で買えば割高なもの、日本には売ってないものを海外から購入する。 そうする事で、結果的にもっと年収の高い人たちと同じ物を所有できたり、豊かになれたりするのです。 個人レベルの発想もドメスティックではなく、グローバルなものに変えていきたいですね。 さっそく海外通販でショッピング!
広告を非表示にする