シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

「原発」「節電」 から始まる自己責任

感情は理性に先立つ リンク:池田信夫 blogライブドアブログ(http://ow.ly/5qn1V) 今のキーワードは、間違いなく「原発」「節電」だと思います。 夏に向けて、様々な節電政策がなされ、協力体制を取っています。 私が想像していたよりも前向きで、私の周囲でも知恵を絞ってる方は多いですね。 これは、「募金」などとスタンスは似ていて、基本的に自分にアドバンテージがあるからだと思います。 しかし、自分の身に危険が及ぶ可能性のある「原発」となると話は別。 池田信夫氏の記事にもあるように、ネットを見ても識者に対する汚い暴言、罵倒が飛び交っています。 <感情は理性に先立つ>  人は、まず感情的に動いて、ふとした瞬間に我に返ります。  嬉しいときも、悲しいときも、怒ったときも。  そういう生き物です。  適切では無いと思いますが、理性が感情に勝てば、「できちゃった婚」も減るはずでしょう。 でも、今現在のような危険なとき、ピンチの時ほど実は理性が必要です。 これも理性的に考えれば理解は出来ます。 変化を求めて、あえて感情的に動くならばそれでも構いません。 でも、ここは一つ理性的に。冷静に。 自分で情報を取りながら、しっかりとその情報の裏も取る。 そして、決断し、行動する。 政府や東電はもはや信用できません。 個人の高度な判断が求められてるときです。 その代わり、全ては自己責任にもなるのですが。。 民主党を選んでおきながら、民主党を袋叩きにする事はできません…
広告を非表示にする