シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

リスクを承知でしてくださる 「紹介」 に感謝せずにはいられない

しばらくブログを更新できなかった。 今週は20件の商談がある。 化粧品製造メーカーの法人営業としては、この数はかなり多いと思う。 言い訳ではあるが、その中での準備、案件対応に追われているのだ。 夜は12時近くまで仕事し、早朝は六時に始動。 会社には、今週の金曜日まで寄る事ができない。 携帯電話の電池は夕方には無くなってしまう。 お客様に色んな時間にメールを送ると、「いつ寝てんの?」と聞かれる。 “忙しい自慢” は情けない。 “自分がいかに忙しいか”(自分がいかに残業しているか… みたいな…) “自分がいかに仕事を抱えているか”(自分はあの仕事も、この仕事も… みたいな…) そんなオーラを出している人、口に出して自慢しあっている人は二流(いや、三流)だと私は常々思っている。 残業時間 = 仕事量 はイコールではない。 そういう人に限って、昼間の休憩が多かったり、午前中はほとんど仕事が手についてなかったり… 本当の本当に忙しい人は、「仕事量」について考える思考の余地が無いほど動いている。 だから、「忙しい!」と言える時点でたいしたことは無い。 だから、今の私は二流(いや、三流)かもしれない。 そんな日々を過ごしている。 時間の使い方を考えて、もっともっと向上したい。 さて、人の縁を頂くときは本当に続くものである。 本当にありがたいお話で、お客様の紹介が続いている。 本当にありがたい。 個人に対する営業、例えば、住宅、車、保険、こういった営業の世界では、「紹介」が基本となる。 また法人営業でも、消耗品や設備など「何かを購入する」事においては、「紹介」が多い。 しかし、私が働くのは化粧品の世界。 そして勤めるのは製造メーカーだ。 つまり、私を「紹介」すると言う事は、「ライバル会社」に紹介するのと同じ意味。 もっと言うと、「ライバル会社が得する情報」を与えてしまう事になる。 企業としてかなりリスクが高い行為だと思う。 それでも、「あなたなら…」と言って頂いてご紹介いただけるのは、本当に頭が下がる。 その一方で、そう思っていただけるお付き合いが出来ている事を誇りに思う。 「紹介」していただいたら、物事はスムーズに進む。 だからといって、「無条件に」成約するわけではなく、時にはマッチングがうまくいかない事もある。 しかし私の考えでは、そこは紹介をしていただく私が、多少無理をしてでも相手に最大限あわせる必要があると思う。 なぜなら、ご紹介者様もリスクを背負っておられるからだ。 (ただ、恥ずかしい話だが、この対応については、私は過去に多くの失敗をした。) 紹介者、またそのご紹介先を絶対に裏切りたくない。 いや、この言い方は正しくない。 その信頼に応えたい! その為にも、今は無理する時期だと割り切っていく。
広告を非表示にする