シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

書評…イタリア人式楽観思考法…今の日本に一番必要な事かも。

----------------------- 第1章 イタリア式! ハッピーになれるコミュニケーション術 第2章 イタリア式! ハッピーになれる仕事術 第3章 イタリア式! ハッピーになれる心をつくる方法 第4章 イタリア式! ハッピーになれるライフスタイルのつくり方 ----------------------- “ちょいワル”でお馴染み、ナポリ出身のイタリア人、ジローラモさんの著書です。 スラスラ読める内容だったので、一時間ほどで読んだのですが、思いのほか得るものが多かったです。 ひょっとして、日本と日本人に今一番必要なものは、この楽観思考じゃないかと… イタリア人の印象は… 冗談好き、女好き、楽天的… 少し乱暴ですが(笑) そんな印象を持っている人は多いのではないでしょうか。 言語にはそれぞれ特徴があります。 例えば英語であれば、一人称がしっかりと用いられますので、「誰が」「何を」が分かりやすく、その分個人の主張が強い傾向があります。日本語は、一人称を使わなくても通じる言語になっていますので、どちらかと言うと主張は控えめですが、その分「察する」という能力がありますね。 で、イタリア語は… もの凄い冗談(ジョーク)が多い構成になっているそうです。言語と言う側面から見ても、イタリア人はそもそもが楽観的で、人生を楽しむ、楽しめる事がDNAに組み込まれているような気がします。 通常の自己啓発本に書いてあれば、少し宗教じみていて、あまり心に残らないかもしれませんが、ジローラモさんが書くからこそ妙に説得力がありました。 ------------------ 笑顔で「あいさつ」すれば相手からも返ってくる 今を大切に、楽しむ ファッションを味方につける ------------------ 経済状況が悪いからと言って、自分の人生まで悲観する必要はない。 今の仕事があまりうまくいってないからと言って、自分の人生まで道連れにする必要はない。 「それはそれ、これはこれ」の精神で、まずは自分の人生を最大限に楽しむ。その為にはどうしたらいいのか。そこに楽観思考があり、物事の捉え方があり、ファッションがある。 率直に言って、素晴らしい。即実行したい事が盛り沢山です。 自分の人生について考えたいときに、ぜひ読んでほしい一冊です。
広告を非表示にする