読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

映画評…ラブ・アクチュアリー…悲喜こもごも、でも人生はそれでいい。

--------------------------------- 12月のロンドン、人々は幸せなクリスマスを迎えようと、ささやかな夢を胸に毎日を過ごしていた。秘書に恋をした英国首相、義理の息子との関係に悩む父親、ポルトガル人のメイドと恋に落ちる小説家、夫の浮気に気付き、悶々とした日々を過ごす熟年の主婦、親友の恋人に思いをよせる新進画家、新曲のクリスマスソングに起死回生を賭ける元ロックスター――。クリスマスに人生のクライマックスを迎えることを、誰もが願っていた。そしてイブの夜、全てのドラマが、ハッピーエンドに向かって動き始めた。様々な人々の「愛」についての物語。 --------------------------------- これは多くの人に見てほしい、心温まる映画です。 人生は色んなことがあります。 良いことも、悪いことも。 家族とうまくいく時期もあれば、寄り道してみたり。 せっかく成就しかけた恋が、するりと手からこぼれ落ちたり。 出来れば悪いことは避けたいものです。 でも僕が最近思うのは、それも含めて人生なんじゃないかってことです。 一見すると当たり前のことですが、全てを受け容れるにはそれなりのトレーニングが必要です。喜び、悲しみ、切なさ、いろんな思いを抱えながら前に進む。 周囲のしがらみやネガティブなことなんて関係なく、気にもせず、自分ができることをする。愛情を持って。 少し暗くなって、すさんできたのが分かったとき、この映画を見てほしいです。 ぜひとも。
広告を非表示にする