読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

映画評…ベストキッド…目だけに頼ると、真実は見えない

---------------------------------- 弱々しい高校生が空手の老師匠と出会い、修行を通じて心身共に強く成長していく姿を描いた1985年公開の名作『ベスト・キッド』のリメイク。ウィル・スミスの実子で『幸せのちから』のジェイデン・スミスが本作では小学生の主人公に挑み、カンフーの達人をジャッキー・チェンが演じる。監督は、『ピンクパンサー2』のハラルド・ズワルト。オリジナル版の要素を継承しながらも、新たな師弟が紡ぎ出す感動ドラマ ---------------------------------- 普段こういった映画は見ないのですが、なかなか良かったです。 見てみるもんだ。。 本家のベストキッドのリメイクなので、ストーリーの予想はついていたので、ある意味安心してほかに集中していました(笑) ジャスティン・スミスはウィル・スミスの息子さんですが、本当に良く似てる。 横顔なんて激似ですね。 ものすごく心に残ったフレーズは… 「目だけに頼ると、真実は見えない」 これはすごく良い言葉です。 僕も経験あるのですが、目だけに頼って人を主観的に見てしまうと、やる事なす事自分の主観に基づいて判断をしてしまいます。 例えば、同じ「ゴミを拾う行為」についても、好印象な人がやっていると「素晴らしいなぁ」と思えるのに、悪印象の人がやっていると「ケッ 点数稼ぎが!」と思えてしまいます。経験ありませんか…? 主観的にならないためには、目や口、足を使って情報を得る。そして考え方の間逆な人や個性的な人ともあえて付き合ってみる。そういう行為が必要だと日々感じます。 主人公や師匠であるジャッキー・チェン過去の自分を乗り越えていく姿がとても印象的で勇気をもらいます。意外と元気になりたいときにお勧めの映画です。
広告を非表示にする