シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

強さと臆病さの両立

$Columnist さぁ主張を始めよう。 今日の朝、ふと思ったことをつぶやいたら、あっという間に100人以上の方にリツイートしていただて、フォロワーも100人ほど増えました。そんな反響のあったつぶやきについて簡単に書きます。 今よりもっと若い時、「強い人」は「弱さ」をもっていないのだと思っていました。 (ここで言う「強い人」とは、いわゆる成功者や、結果を出している人の事です。) 特にキャラクターの強い人は、表面的には豪快だったりもするので、余計にそういった「弱さ」の部分が見えなかったのです。 しかし年を取っていろんな人や考え方に出会うに連れて、どうやら違うんだと思うようになりました。 まさに表面しか見えてなかったんだと。 「強い人」はむしろ、人一倍臆病で恐怖に対して敏感です。 たくさんの情報収集をして、様々な事を想定し、リスク管理をし、シュミレーションまでして踏み出します。このたくさんの手順を、人の数倍のスピードで行動していくので、周囲が見るとまるで感性だけでどんどん決断して進んでるようにも見えてしまいますが、実際にはそうでないように思います。 そう考えると、「弱さ」や「臆病さ」はついつい人から隠したくなりますが、むしろ成功するためには重要な要素かもしれません。だからこそ、恐怖や不安を感じたときは、まずそれを受け入れて、前に進んでいくことが重要です。 受け入れる事で、自分が何に恐怖や不安を感じているのが明確になります。分解していくと、何も恐怖を感じるような内容では無いことも多々あります。 弱さを抱きながら、それを受け入れて前に進む勇気。 このちょっとした行動や思考の積み重ねが、後に大きな差を生むんでしょうね~。 あ~~。もっと楽しもう。。
広告を非表示にする