シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

橋下府知事 Twitterについて報道

橋下府知事が、Twitterを2ヶ月限定で始められたようです。 結構ハマっておられるようで、1日に110ツイートもしたとの事。 リンク:橋本徹Twitterhttp://twitter.com/t_ishin) そんな中、メディアの不毛な報道にあきれた感じのツイートが。。 <引用> --------------------------------- 勘弁してよ。読売新聞大誤報。登庁してのTwitterは昼休み中だけ。それも西川福井県知事との電話など、昼休みも全くとれず、15分位の休憩時に。Twitterの時間ぐらい確認してよ。登庁したら休憩なく公務なんだから。取材力無さ過ぎ! 約13時間前 twidroydから ’↑念のためリンク:読売新聞(http://goo.gl/FPTeS)) --------------------------------- 念のため。発信は、個人所有のノートPCと、同じく個人所有のスマートフォンで行っております。府庁のPCは使っておりません。ご心配なく。 約13時間前 ついっぷる/twippleから --------------------------------- 府政大玉懸案事項について、資料を読んで調べて考え方を整理しました。知事職なんて勤務時間関係なく公務としてやってるんだから、昼のちょっとした時間にツイッターがどうのこうのと言われてもね・・・また明日ってもう今日か。 約11時間前 webから --------------------------------- 僕の仕事は、勤務時間が決まっているわけではなく、自分で時間を調整しなきゃいけない仕事。本日もお昼が取れそうもないので、その分今、つぶやきます。読売新聞もずるい書き方だね。僕が府庁に行ってからずっとつぶやいていたようなニュアンス。とんでもないよ。 約3時間前 ついっぷる/twippleから --------------------------------- 僕は自分のノートPCを使っているので短時間で一気に打っている。それと記者会見での発言も、また編集されちゃった。先日のABCニュースゆうのように。僕は会見では知事には勤務時間・残業という概念がそもそもない。夜中や日祭日であろうと仕事をしなければならないときはやらなきゃならない。 約3時間前 ついっぷる/twippleから --------------------------------- だから日中でも自分で時間を調整すれば、ツイッターをやることも問題ないという一般論を言った上で、ここからの発言をバサッと切られたんだけど、「ただ常識的な時間帯にやります。」と言ったんだ。世間でいうところの昼休み時間とか、まあ18時以降とか。ここをばっさり切ったらダメでしょ! 約3時間前 ついっぷる/twippleから --------------------------------- だから昨日も、府庁に行ってからは、だいたい世間的に言うお昼時間にツイッターをやった。あとは午後の公務が終わってから。お昼がずれ込んだので、12時50分近くから13時15分くらいまで書き込んだのかな。それが読売の記事によると府庁に行ってからずっとツイッターしていたニュアンス。 約3時間前 ついっぷる/twippleから --------------------------------- 既存のメディアも昔はこんないい加減な記事の書き方をしてても、書かれた方が泣き寝入りするしかなく、気にすることなかったんだろうね。今はネットの時代。書かれた方も反論する機会があるしありがたいね。僕は公人だからどう書かれても仕方ないけど、反論するべきはきちんと反論しなきゃね。 約3時間前 ついっぷる/twippleから --------------------------------- 一体何がダメなんだろう。 公務中につぶやいているから?? そもそも、いつからTwitterは「遊びの一環」と定義されたんだろう。 そんな大きなくくりで議論するならば、携帯のメール(知人、家族、部下、同僚)、グーグルでの検索も「公務中だからダメ!」となってしまう。 もちろんTwitterは、そういった「遊び」っぽい使い方の人もいる。 しかし、情報発信のツールとして使っている人もまたいるわけだ。 そういった不毛な粗探しをするような輩は、橋下府知事が自分たちの報道が原因でTwitterを止めたとしたら、「橋下府知事は情報発信力が落ちた!」などと更なる批判するのがオチだ。 Twitterの投稿時間すら見る事ができない記者が、まともに報道できるのだろうか。 本当の事を書いて申し訳ないが、、、、 橋本府知事への批判を盾にして、実は、新聞よりもリアルタイム性で圧倒的優位に立っている「Twitterに対するネガティブな空気」を流そうとしている魂胆が見え見えである。 しかしその思いとは裏腹に、これほど低い取材能力、拙い内容であれば、新聞離れは更に加速するだろう。 ちなみに。。。 <引用> --------------------------------- やっとトイレ休憩。読売新聞のキャップが謝罪してくれました。知事が登庁後つぶやき続けたという表現がおかしかったと。僕は昼休みのほんの少しの時間に一気に打ちこんだだけ。あの記事だとずっとやってるようだもんね。これもツイッターの威力。皆さんがワーッとリツイートをかけてくれたから。感謝 8分前 ついっぷる/twippleから --------------------------------- ほんと皆さん感謝です。これまでだと、既存のメディアに言われっぱなしで泣き寝入り。あの読売の記事で、僕は府庁に来てずっとツイッターをやっていると思った読者が何百万人と出たでしょうから。リツイートの威力、ほんと凄いね。 6分前 ついっぷる/twippleから --------------------------------- 最後はちゃんと謝ったみたいです(^^) 今まで見過ごされてきた捏造記事も、本人の反論や、見た人からの情報が一瞬にして広がってしまう。 これでは発信元も動かざる得ないわけですね。 動かなければ、更なる批判の矢面に「自分が」立たされるわけですから。 Twitterの威力って本当にすごい!
広告を非表示にする