シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

書評…I am here.…今の自分を100%受け入れること

<著者紹介> 1985年6月19日生まれ。沖縄県出身。4歳のときに2人の兄に触発されてクラブを握る。小・中・高校でアマチュアとして実績を残すなか、2003年9月、東北高等学校3年在学時にプロトーナメント「ミヤギテレビダンロップ」で優勝しプロ入り。現役女子高校生プロゴルファーとなる。翌04年シーズンの開幕戦「ダイキンオーキッド」でプロ初優勝。同ルーキーイヤーに5勝、賞金ランキング2位で1億円を突破。05年、第1回女子ワールドカップを北田瑠衣とのペアで制したほか、国内ツアーでは日本女子オープンを含む6勝。06年より主戦場をアメリカに移している。 ----------- 第1章 人生初のスランプ 第2章 立ち直りの兆し 第3章 アメリカで経験したこと 第4章 今振り返る日本での騒動 第5章 夢の原点。そして未来 巻末付録 宮里藍プロ成績 ----------- 物凄い感銘を受けました。もう一度読みたいと思います。 宮里藍選手は、当時なぜ、アメリカで勝てなかったのか。 スランプの始まりは、はっきりと記憶に残っている。 06年8月試合で放ったティショットの1打が全ての始まり。 それ以降は自分の人生で経験の無いスランプへと突入。 スコアが崩れるのは日常茶飯事で、スイングをする事はおろか、練習場にいく事に恐怖を感じるようになったそうです。 そんな状態になった原因は、「結果だけ」を求める彼女のメンタル(姿勢)にありました。 誤解の無いように言っておくと、結果を求める事は大事です。 当たり前です。 しかし、結果のみを求めるようになる事は非常に危険な事です。 なぜなら、結果が出ているときは有頂天にもなれるのですが、いざ結果がでなくなると「自分はダメなんだ…」という自己否定に繋がり、人の何倍も早い落差で転落するからです。 これは、私の営業としての経験談からもそう思います。 数字が上がってるときは、「営業は結果が全てだ!」と豪語できますが、いざ数字が上がらなくなると「数字を挙げられない自分はダメ人間だ…」となった時期がありました。 以外に知られて無い事ですが、結果は自分でコントロールできません。 自分が買って欲しいとおもっても、相手が買いたいと思わなければいけませんし、そこにはスケジュールや原価、予算、会社方針など様々な要素が関わってきます。 よくよく考えれば分かる事ですが、自分ではコントロールできないものです。 では、なんであればコントロールできるのか。 それはプロセスだけなんですね。 結果を出すためのプロセスに、100%の力を発揮する事。 先ほどの例に倣うと、「買って頂くための準備とアプローチに100%の力を注ぐ」 ただそれだけです。 心理状態としては、 「自分はやるだけやった。後は相手の返答を待つのみ。(人にゆだねる)」 そう言える状態が理想ではないでしょうか。 そういう心理状態であれば、一つの結果に一喜一憂する事無く、すぐに切り替えて前進することができます。 宮里藍さんが、数年間の試行錯誤の末に、色んな知識や人と出会い、そんな場所にたどり着きます。 その思考順路まで鮮明に書かれいますので、多くのビジネスマンは参考になると思います。
広告を非表示にする