シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

書評…PETIT a PETIT…決して自己中ではなく、自分の出来る事だけに集中する事

昨年の南アフリカW杯も戦った、サッカー日本代表選手。 最近、加藤ローサさんとのおめでた婚が話題になりました。 そんな、松井大輔選手の著書です。 実際は、サッカーダイジェストの連載をまとめたものですが、フランスに渡ってから現在に至るまでの、苦悩や成長が時系列でよくわかります。 「周囲を気にせず、自分自身に集中する」 この言葉って、純日本風に考えれば、自己中に映ります。 でも、よくよく冷静に考えてみると… 周囲は変えられないし、自分が少し頑張ったぐらいで、組織や世界は動かないわけです。 でも、大抵の人はそれを変えようとして頑張る。そして変わらない事にストレスを溜める。 居酒屋で発散する。 そんな感じ。 でも、基本的に、自分以外のものを変える事は出来ません。 でも、逆説的な側面もあります。 もし、周囲を変える事が出来るとすれば、「自分の実力を100%発揮」している時。 矛盾した言い方ですが、周囲は変えられないけど、自分の実力を100%だしていれば、変わる為の手助けができるかも知れない。 しかも、全力を出す事で自分自身も成長できる。 結論としては、自分は「自分のできる事だけに集中する」事が非常に大事なんです。 漫画「はじめの一歩」にこんな言葉がありました。 リンク:HP(http://goo.gl/Viy8p) 「努力したものが全て報われるとは限らん。しかし 成功した者は皆すべからく努力しておる。」 この逆説に似ています。 書評以外に話がそれまくりですが… 失礼… 松井選手はまさにそんな感じ。 自分の実力をだす事に集中し、どんな事もポジティブに受け止め、後悔はしない。 周囲に起こっている事は、諸行無常と受け止め、自然に身を任せる。 素晴らしいあり方だと思います。 見習いたいところです。
広告を非表示にする