読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

映画評…真実の行方 … 犯罪者が無罪になる可能性もある

真実の行方 [DVD]/リチャード・ギア,エドワード・ノートン ¥1,575 Amazon.co.jp 1996年公開の、少し古い映画を見ました。 2000年ぐらいに一度見たことがあって、その印象があまりにも強烈でしたが、その後見るのはこれが初めてです。 容疑者を弁護する弁護人(リチャード・ギア)が、殺人罪に問われている容疑者(エドワード・ノートン)の多重人格をあらゆるシナリオで立証し、無罪に導くというものです。 「冤罪」と言う言葉があります。 本当は無罪の人が、有罪になることです。 しかし、この映画はその逆。 本当は有罪の人が無罪になってしまう。 どのような立場の人でも人権は尊重されていて、裁判を争う権利があります。 弁護士の腕、シナリオ、証言、証拠によって、判決が下される。 特に近年は、日本でも裁判員裁判が導入され、その方々に与える印象も判決を左右します。 人間が行うことである以上、全て正しいことは出来ません。 そういった事を追求している映画です。 とにかく、キャストの方々の演技力。 舌を巻きましたね。 恐れ入った!
広告を非表示にする