シルタス!

“知る” に何かを “プラス” 〜 「人生ネタ的」何でもアリなブログ(今はこちらのメインブログで書いています。http://enrique5581.net/)

比べようの無いものを比べて、安心する

昨日に続き、あくまで一般論でございます。。。 「仕事量」だとか、「忙しさ」だとか、比べようの無いものを比べようとする事がたまに起こります。 職種、能力、手間、時期。 その時々の条件によって違うはずなのに、人はどうしてそんなものを比べたがるんでしょうかね。 しかも、比べるときは、意外と単純で「残業時間の差」だったりします。 おかしな話ですよね? 残業が多いからって忙しいとは限りません。 能力が低いかもしれない。 段取りが悪いのかもしれない。 日中にサボってるからかもしれない。 ただの合わせ残業かもしれない。 残業にも色々あります。 そんなものを比べて、人よりも優位性を感じたりするのは、ある意味幸せですよね。 その代わりに、その拠り所を失った時、一気に崩れますが。。 崩れたくないから、また「合わせ残業」をして、忙しい自分をアピール。 日中は漫画喫茶でサボり、定時前に帰社して残業。 午前中はウォーミングアップに使い、午後からスイッチON、残業時間に全開。 いやいや、おかしい、おかしい。 自分のプライベートな時間は、貴重で大事じゃないのかな。 個人的には… めちゃくちゃ忙しいのに、涼しい顔して定時で帰るのが、一番カッコイイですけどね。
広告を非表示にする